研究開発Project

発達障害者プログラマーの育成と就労に繋げる支援とメンターの育成

research-project-article-image

研究開発の目的


■論理的思考能力を養うために視覚デザインによるクラウド型プログラミング教材を開発。発達障害 児者の特性を考慮した教材・カリキュラムを開発し、興味を持ち根気強く取り組める課題を提供。

■メンター育成講座を通じ発達障害者プログラマーを育成できる支援者を育成します。
■SPELLの法則に基づいた教材・カリキュラム開発・指導方針

Structure:簡単で明瞭な枠組みの設定
⇒視覚化・構造化された教材開発

Positive:ポジティブに関わる(ほめる)
⇒成功したら褒め、

Emphasis:共感(理解)
⇒失敗しても励ます

Low arousal:刺激が多過ぎると混乱するため低刺激のもの
⇒見やすく落ち着いて作業のできる画面レイアウトを用意

Links:きずな(地域、メンターや学生、仲間とのつながり、協力)
⇒プログラムの動作確認はプロジェクションマッピングによりコミュニケーションを促す場を提供します。

■ ICTチェックシステムを活用したセルフチェック、および「振り返り」と「気づき」のフィードバックを与える 支援体制づくり。

研究開発の目的


■論理的思考能力を養うために視覚デザインによるクラウド型プログラミング教材を開発。発達障害 児者の特性を考慮した教材・カリキュラムを開発し、興味を持ち根気強く取り組める課題を提供。

■メンター育成講座を通じ発達障害者プログラマーを育成できる支援者を育成します。
■SPELLの法則に基づいた教材・カリキュラム開発・指導方針

Structure:簡単で明瞭な枠組みの設定
⇒視覚化・構造化された教材開発

Positive:ポジティブに関わる(ほめる)
⇒成功したら褒め、

Emphasis:共感(理解)
⇒失敗しても励ます

Low arousal:刺激が多過ぎると混乱するため低刺激のもの
⇒見やすく落ち着いて作業のできる画面レイアウトを用意

Links:きずな(地域、メンターや学生、仲間とのつながり、協力)
⇒プログラムの動作確認はプロジェクションマッピングによりコミュニケーションを促す場を提供します。

■ ICTチェックシステムを活用したセルフチェック、および「振り返り」と「気づき」のフィードバックを与える 支援体制づくり。

research-project-article-image-2

CONTACT

サービスに関するご質問やお見積など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
  • 福井

    0776-20-3195

  • 東京

    03-6809-2913

受付時間9:00〜17:30(月〜金 年末年始、祝祭日除く)